実際にWordPressでブログを作りながらアフィリエイトを覚えよう!その1

WordPress
スポンサーリンク

この記事は「ブログを作って副業にしたいけど、やり方がよくわからない」という方向けに書きました。

簡単な知識から、実際にブログを開設するまでの手順を書きましたので、この記事通りに進めてくれれば、このサイトみたいなのが簡単に作れます 笑。

 

ブログを運用していくにあたり、気をつけたい点はたくさんあるのですが、最初からゴチャゴチャ言うとややこしいので作りながら教えていきます

たとえば・・・

  1. どんなブログテーマが良いのか?
  2. どのブログサービスを使えば良いのか?
  3. SEO対策 (集客)はどうすれば良いのか?
  4. どのASPサイトに登録すれば良いのか?
  5. どの位置に広告を貼れば良いのか?

などなど。

 

こういった事も、実際に作りながら都度必要最低限のことだけ簡潔に説明して行くことにします(たまに出てくる専門用語も理解しなくてもオッケー)。

ブログで稼ぐのは、ブログを「はじめてから」が肝心ですからね、その前段階で迷うのはめちゃくちゃ時間の無駄です

スポンサーリンク

今すぐWordPressかはてなブログでブログを作ってみよう

よくアフィリエイトブログを作る際に比較に出されるのが、「WordPress」と「はてなブログ(有料版)」というサービスの2つです。

理由は2つとも広告が自由に貼ることができるということです。

 

アメブロやライブドアブログなんかもブログとしては有名ですが、いざ広告を貼って稼ごうと思った時に、無料ブログでは既に企業の広告が強制的に貼られている為、自分の貼りたい広告が貼れません。

 

要するにブログで稼ごうと思ってるならWordPressかはてなブログの有料プランにしとけば間違いないということです。

はてなブログPRO(有料)について

この記事ではWordpressで実際にブログ開設することを目的にしていますが、せっかくなので「はてなブログPRO」にも少し触れておきます。

 

WordPressは「サーバー」と「ドメイン」という、土地と住所を自分で用意する必要がありますが、はてなブログは登録さえすれば誰でも簡単にはじめることができます

 

比較されがちな両者ですが、はてなブログPROのデメリットがデメリットだと感じない方は、はてなブログのサービスを利用するのもアリだと思います。

 

はてなブログPROのデメリット

  1. WordPressに比べて自由度が低い
  2. 規約違反をするとアカウント停止
  3. 10個までサブブログを作れるけど実質使い物にならない

 

上から順に説明していきます。

(1) WordPressは「プラグイン」と言って、便利な機能をどんどんブログに実装できます。例えばおしゃれなスライドショーなども、難しい知識が不要で簡単に設置することができます。

(2)はてなブログのサービスを利用するので、規約違反すると最悪サービスの利用を停止されます。Wordpressはブログサービスを利用するのではなく、自分で運営するので、何を書こうが自由です。

(3)はてなブログPROは10個までサブブログを作れるのですが、IDが全ブログ共通になります。具体的には下記のような感じで、どのサブブログにも、プロフィールの欄に同じIDが表示されてしまいます。

他人様のブログのキャプチャなのでモザイク処理をしております

これの何がデメリットかというと、キャラ作りしてブログ運営してる人なんかは、他のブログでもそのキャラを引き継がなければいけない結果になったり、どうしてもバレたくないブログなんかも作れないというわけです 笑。

 

「ブログなんか1個でいい」と思う方もいるかもしれませんが、私もブログやる前はそう思ってたものの、いざ副業でブログをやりだすと「○○に特化したブログを作ろう!」と思ったりして、なんだかんだ増えて行くんですよね。

 

逆にはてなブログPROのメリットですが、はてなブログは記事を更新すると、はてなブログ広場?に新着記事が一覧で表示されたり、はてなスターという気に入った記事につけるいいね!ボタンのような物があるので、SNSのような感覚で他のブロガーたちと交流を持つことができます

 

大根
大根

はてなブログで稼いでいる人の傾向を見ると、文章力が高くて面白い文章を書いていて、ブログ自体にファンがいる人が多いイメージです。積極的に読者と交流していきたい方や、おもしろおかしく雑記が書けそうな方は「はてなブログPRO」が良いのではないでしょうか?後からWordPressに引っ越しもできます。

はてなブログPROの料金

はてなブログPROに掛かる費用は上記のみ。

 

WordPressについて

副業するのに後々役に立つのは断然WordPressの方です。

 

なぜかというと、先ほども言ったようにWordPressはカスタマイズ性が高く、初心者でも立派なデザインのサイトが作ることができ、機能を拡張できるので一度設定してしまえば後からの作業がめちゃくちゃ楽になるからです。

 

人参
人参

もう1個付け足すと、企業のWebサイトでもWordPressを使ってるところが増えてきてるし、WordPress自体の管理画面は共通だから、WordPressが使えるようになると、ランサーズのようなクラウドソージングサイトで在宅で仕事を受注できるようになる。自分のブログ運営以外にも役立つWordPressの使い方は覚えてて損はないと思うぜ。中小企業で働いてる奴なんかは、「社長、私がWebサイト作りましょうか?」とか言えたらカッコいいわな。一度やり方を覚えれば、実際簡単にできるんだよなコレが。

 

WordPressはサーバーとドメインを自分で用意する必要があるので難しそうに感じますが、めちゃくちゃ簡単です。

 

サーバー選びもイチイチ検索すると、お腹いっぱいになるほど情報が飛び込んできますので、ここでは特に詳しい解説は省いて、イチオシのX serverとお名前.comの組み合わせでの作成方法を紹介します。

 

掛かる費用は下記のような感じです(税別)

サーバー初期費用3000円 + 12000円/年 = 年間1万5000円

ドメイン料金 (.comの場合) 1150円/年

合計 1万6650円/年

 

ブログ開設までの手順は

  1. Xserverと契約してサーバーを借りる
  2. お名前.comと契約して好きなドメインを取得
  3. 取得したドメインをサーバー側で設定
  4. WordPressインストール
  5. 完了

ざっくりこんなイメージ。

では早速ブログを作っていきましょう。

Step1 : Xserverと契約する


 

まずはXserverに加入します。
必要事項を記入するだけなので、特に迷うことはないでしょう。

プランは「x10」で十分です。

サーバーIDは好きなものでオッケーです。別にこれがブログの名前になったりしません。


10日間の「無料お試し期間」が初期のサービスで勝手についてきますが、お試し期間中の間は独自ドメイン(自分の好きなアドレス)が設定できないので、先に支払いを完了させます。

 

インフォパネルにログイン後、料金のお支払いをクリック


(1)にチェック、(2)契約期間を選んで(3)の支払い方法をクリック

サーバー代金は期間が長くなるほどお得ですが、はじめは1年を目標すれば良いんじゃないでしょうか。

参考までに。

支払い方法は「銀行引き落とし」「クレジットカード」「コンビニ払い」「ペイジー」などが選択可能です。

料金を払ったらとりあえず一旦Xserverの設定は完了です。

Step2 : お名前.comで独自ドメインを取得しよう


 

次に独自ドメインを借りましょう。

まずは取得したいドメイン名を入力して空きがあるか検索

 

ドメインの空きがあれば、チェックボックスにチェックして料金確認に進みます。

 

下記の画像はaminで検索したものですが、「.tokyo」「.life」「.co.jp」の3つしか空きが無いようです。

ドメインによって料金が異なりますが、どれも設定は同じです。

会社のドメインでよく使われる「co.jp」が値段が一番高く、一般的ではない「.work」ドメインはたった1円ですが、怪しいかどうかの信用度の問題なだけでドメインでアクセス数が変わるわけではありません

 

そもそも大部分の人はGoogleの検索結果であなたのサイトにたどり着くので「○○.workってあまり見ないし怪しいサイトかも・・・」なんて思うことはまず無い筈です。逆にそこを意識したことあります?笑。

 

まぁでも、名刺に入れたりアドレスだけ相手に見せる時に心配な方は「.com」あたりが一番無難かと。


「Whois情報公開代行」というものがありますが、これはドメインに無料で付いてくるものなので特に何も考えずにドメインの契約年数を選択します。

その下のチェックボックスにもチェックせずにオッケーです。

申し込みが完了したらとりあえずこれで完了です。

次にお名前.comで取得した独自ドメインをXserverで使う設定に入ります。

Step3 : Xserverで独自ドメインを設定する方法

Xserverのサーバーパネルにログインして、「ドメイン設定」をクリック。

 

 

その後「ドメインの追加設定」をクリックします。

 

自分の取得したドメインを記入して右下の「ドメイン設定の追加」をクリックします。下記の例の場合は、お名前.comで「yutoriamin.com」のドメインを取得した例。

ちなみに左したチェックマークは全部つけておきましょう。

 

以上でXserver側の設定は完了ですが、そのままサーバーパネルのトップに戻り、今度は「サーバー情報」をクリックします。

 

サーバー情報のページに行くと下部にネームサーバーが1〜5まで表示されていると思います。

この情報が必要になるのでページは開いたままにしておいてください。

 

次にお名前.comのドメインNaviを開きます。

ログインしたら、「ドメイン一覧」から、右側のネームサーバーの「変更する」ボタンをクリックします。

 

続いて「他のネームサーバーを利用」にチェックを入れて画面を切り替えます。

そのページの下部に、先ほどXserver側で表示されていた「ネームサーバー」を1から順番に記入します。

 

「確認画面へ進む」- 「設定する」と進み完了です。

これで無事、お名前.comで取得したドメインをXserverで使う設定が完了しました。

WordPressをインストールする

再びXserverのサーバーパネルに戻り、今度は「WordPress簡単インストール」のページを開きます。

 

ページを開くと、「WordPressのインストール」というタブがあるのでそこをクリックすると下記のような表示になるので、必要な情報を順に記入していきましょう。

※ドメインの一覧が表示された方はインストールしたいドメインの「選択する」をクリック。

 

記入するのは、「ブログ名(後から変更可能)」「ユーザー名(ログイン用)」「パスワード」「メールアドレス」ぐらいであとは初期設定のままでオッケー。

その後右下の「インストール確定」ボタンを押してインストール。

 

表示されたURLをクリックすると、WordPressのログイン画面に飛ぶので、先ほど設定したIDとパスワードを入力して管理画面に飛びます。

 

人によっては画像のようなログイン画面にならず、下記のような状態になる方もいます。というかサクサク進めていけば、ほとんどこの状態になると思いますが安心してください。

プログラムの設定が反映されるまでに時間が掛かるので、反映されるのを待っている状態なだけです。無事に反映されればWordPressのログイン画面が表示されます。

だいたい1時間ぐらい見ておけば十分です。

 

コメント